先日、ろう運動、そして人生の大先輩でもある及川リウ子さんの
「社会貢献者表彰を祝う会」に参加させていただく機会がありました。

http://fesco.or.jp/winner/h27/winner.php?wid=12188

及川さんとは、昨年度に実施したろう女性インタビューにご協力いただいたご縁があり、
全日ろうあ連盟婦人部設立の経緯や当時の社会的背景など貴重なお話を伺うことができました。

私が生まれた昭和40年代・・今よりも偏見が厳しかった時代に、
親世代にあたる及川さんのようなろう運動の先輩方が
練り強く行政との交渉を続けてくださったおかげで、
今の私たちが様々な面でその恩恵を受けられるようになったという事実に、
今後私たちがなすべきことは何か考えさせられました。

何よりも、及川さんの人間としての包容力やバイタリティあふれたお姿から、
私自身がたくさんの勇気やパワーをいただきました。。


2016.04.04
桜満開・・

新年度がスタートしました!
そして、東京でも桜が満開となりました。。☆

入園や入学、入社など、新しい気持ちでスタートされた方も多いと思います。
私自身もキモチ新たに、頑張りたいと思いマス!
2016.04.02
冬も終わりを告げ、今週末から桜が開花するそうです。。☆
満開になる日が今から楽しみです。^^

さて、昨秋、ご縁あって参加させていただいた男女共同参画センター横浜での「女性のための社会起業スクール」の様子が、横浜のソーシャルビジネス・社会起業に関する情報サイトに紹介されています。

ソーシャルビジネス支援組織インタビュー vol.4
《男女共同参画センター横浜(フォーラム)吉武恵美子さん、和田とも子さん≫
http://socialport-y.jp/?p=8846

私自身、活動をする中で色々考えることがあり、社会起業を志す方達とのネットワークづくりをしたいと思い、スタッフ何名かと一緒にこのスクールに参加させていただきました。
職員の方が、全講義に手話通訳や保育をつけていただくなどの多大なご配慮をしてくださったおかげで、きこえない私もリアルタイムに授業に参加でき、参加者同士のつながりも作ることができて、とても充実した学びの時間でした。

そこで学んだことからヒントを得て、講師の先生方から貴重なご助言をいただきながら考えたプランを発表しました。
本当に実現できるのか、単に夢物語で終わるのか・・・わかりませんが、
ぜひ、ご協力いただける方いらしたら、お声かけいただけると嬉しいです!
2016.03.16
このところ、冷たい風の中にも春の息吹を感じるようになりました。。
もう春はすぐそこまで来ています。。☆

さて、先日予告しましたが、このたびブログ開設周年を機に、より広く情報発信をおこなっていくため、
新サイトおよび情報発信&意見交換ブログを開設しました!
ぜひ、皆さまもご活用いただければ幸いです。
(このブログは、当面は長野個人ブログとして継続していく予定です)

◆新サイト 『 Deaf Women  』
http://deafwomen.wix.com/lifestyles

◆ Lifestyles of Deaf Women 情報発信&意見交換ブログ
http://ameblo.jp/deafwomen/

………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 『 Deaf Women 』 サイトを始めました!

本サイトは、『ひとりの女性』として日々の暮らしを楽しみながら、自分のライフスタイルを創っている「Deaf Women(デフウーマン)」の情報発信の場です。

 「きこえないこと」「女性であること」で社会的に二重のバリアに向き合うことになるろう・難聴女性が自身の力をエンパワーし、自分のライフスタイルを創出・発信していく場として2006年2月、代表長野が個人主宰のウェブサイト「Lifestyles of Deaf Women」を立ち上げました。
 それ以来、「コミュニケーションとライフスタイル」を中心テーマとして、共生社会実現に貢献することを目指して、懇親会や自主的なイベント企画等を行い、メーリングリストの発信、講演やセミナーの開催、2011年2月のDVD発行など活動の幅を広げてきました。

 従来の自由な活動スタイルを維持しながら、ろう・難聴女性の視点からの社会的情報発信活動のさらなる推進に取り組むべく、任意団体を設立してから10年を迎えようとしています。
 この節目にあたり、より広く情報発信を行うため「Deaf Women」のウェブサイトを新たに開設することといたしました。
 このサイトでは、多くのろう・難聴女性が各ライフステージで直面する経験や課題を可視化し、課題解決に向けた情報交換の場を設けています。
 みなさんと共通する課題は何か、解決するためにはどんな方法が考えられるのか、そして自分の強みとは何かを見つけるきっかけとなれば幸いです。

 こうした活動の趣旨に賛同してくださるろう・難聴女性の方々と情報交換しながら、地域・団体・企業等様々な立場の方と連携して、真の意味での「共生社会」実現に向けて取り組んでいきたいと考えています。
 どうぞよろしくお願いいたします。
                                              2016年2月 スタッフ一同
………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016.02.21
このブログも2006年に開設して早いもので、この2月で10周年を迎えます☆

今まであれやこれやと思いつくままに書いていた記事も古くなり、
時代にそぐわなくなっているにも関わらず、忙しさにかまけ放置状態になっていましたが、
10周年を迎える節目に、より広く情報発信を行うために新サイト開設に向けて準備を進めています。

2月中に新サイトを公開する予定です。
このブログは、当面は個人ブログとして継続していくことを検討中です。

引き続き、よろしくお願いいたします☆
2016.02.01
最近、あとをたたない児童虐待事件。
TVや新聞で報道されるたびに、子をもつ母としていたたまれない気持ちになります。

特に、何もわからず恐怖心におびえたまま、
最期を迎えたであろう幼い子どもの絶望感を思うと
胸が張り裂けそうな気持ちになります・・。

世の中には、生まれてこれない「いのち」もあれば,
突然、終わってしまう「いのち」もあり、
何かを抱えながら一生懸命生きている「いのち」もあります。

だからこそ、縁あってうまれてきた「いのち」を、はじけるような笑顔を
みんなで守り、育んでゆきたい。
そう心から思います。

2016.01.27
2015お正月

新年明けましておめでとうございます。。☆

今年は 『申年(さる)』。
干支の由来は・・・・
病や厄が「去る」と云われもあり、
縁起の良いものとして祭られるんだそうです。。

今年も、子どもたち共々、元気いっぱいに過ごしたいものです。
どうぞよろしくお願いいたします。。

みなさまにとっても幸い多き一年となりますように。。☆
2016.01.05
今年も残りわずかとなり、2015年が過ぎようとしています。

なんやかんやで忙しい1年でしたが、色々な意味で新しい一歩を踏み出せた年でもありました。
来年は、次に向けて、もう一歩小さな歩みを進めていければ・・と思います。

では、みなさまもよいお年をお迎えください。。☆
2015.12.28
早いもので12月。
クリスマスイルミネーションがキラキラ輝くシーズンになりました。。☆

毎年この時期になると、年月の経つ早さに感じ入るものがあります。
結局、日々の生活に追われてきた感じもあるけれど、それもまた今ならではの忙しさ。
支えてくださる人たちに感謝しながら、一歩一歩進んでゆきたいと思います。

もう少しでクリスマス。。☆


2015.12.05
朝晩、めっきり冷える季節になりました。

さて、遅くなりましたが、10/3に実施した筑波技術大学平成27年度公開講座「ろう者学セミナー」の
報告記事が以下に掲載されております。
http://www.deafstudies.jp/info/news0077.html

今回はろう難聴女性を対象にした初めてのセミナーでしたが、
思った以上にあついディスカッションが交わされ、企画側も元気をいただきました!

ただ、今回はつくばと場所が遠く、都内近郊の子育て層には参加しにくいとの声もありました。
今後も、何らかの形で実施していきたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いいたします。
2015.11.14
日々紅葉も色づき始め、秋の深まりを感じるこの頃です。

一般財団法人全日本ろうあ連盟主催の 『情報アクセシビリティ・フォーラム2015』 が
秋葉原にて開催されます。
学ぶフロアのワークショップ5は、関東聴覚障害学生サポートセンターPresents になります。

聴覚障害学生自身の他、保護者、大学教職員、特別支援学校教員など幅広いみなさんの
ご参加を歓迎します。お待ちしております!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆情報アクセシビリティ・フォーラム2015

平成27年12月13(日) 15:00~16:30 UDX4階 ギャラリー
みんなでつくろう情報アクセシビリティ
•WS5:みんなで関わる大学の授業づくり 
http://www.jfd.or.jp/iaf/manabu-floor-ws
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015.11.07
障がいの有無を越えたコミュニティアート活動などの様々な取り組みをされているミューズ・カンパニーの伊地知さんより、お知らせをいただきました。

車椅子のダンサーを含めたダンス・カンパニーを立ち上げたそうです。
11月7-8日に公演があり、8日のアフタートークには手話通訳がつくそうです。
http://www.musekk.co.jp/

関心のある方、参加してみてはいかがでしょうか。。☆
2015.10.29
いよいよ秋も深まり、
外の空気が日増しに透明感を増してきたように感じるこの頃・・
東京では、ついに木枯らし第一号が吹いたとか。

そろそろ冬支度を始めねば・・・とこたつを出しました。
寒い夜は、温かい鍋をつつき、毛布にくるまって眠りましょう。。。


・・・あとひとつきもすれば、本格的な冬到来です。。
2015.10.25
例年の高等教育支援シンポジウム、今年は福岡で開催されます。

いよいよ来年4月から障害者差別解消法が施行されることとなり、聴覚障害学生を取り巻く
環境が大きく変わります。
それに向けて各地でも様々な取り組みが始まっておりますが、シンポジウムでも踏み込んだ
議論が交わされそうで楽しみです☆

参加される方、現地でお会いしましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<日程>
 2015年12月19日(土)14時~17時(受付 13時30分~:アリーナ棟大ホール前)
 2015年12月20日(日)10時~15時(受付 9時30分~:センター棟5階)
※日によって受付場所が違いますのでご注意ください。

<会場>
 クローバープラザ(福岡県春日市原町3-1-7)(別ウィンドウで開きます)

<目的>
 筑波技術大学に事務局を置く日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)では、平成16年から、特に聴覚障害学生への支援体制が充実し、積極的な取り組みを行ってきている大学・機関と共同で、聴覚障害学生支援に関するノウハウを積み重ね、先駆的な事例の開拓を行ってきた。一方、我が国では平成28年4月から障害者差別解消法が施行されることとなり、障害者への不当な差別的取り扱いが禁止され、高等教育機関においても、国公立大学では合理的配慮の提供が法的義務、私立大学で努力義務となる。
 本シンポジウムでは、そのような情勢を鑑み、全国の大学における聴覚障害学生への支援実践に関する情報を交換するとともに、PEPNet-Japanの活動成果をより多くの大学・機関に対して発信することで、今後の高等教育機関における聴覚障害学生支援体制発展に寄与することを目的とする。

<対象>
 全国、その他高等教育機関に所属する教職員
 大学等に在籍する聴覚障害学生
 大学等に在籍する聴覚障害学生を支援する情報保障者
 その他高等教育機関における聴覚障害学生支援に関心のある方々

<参加費>  無料

詳細はこちら↓
http://www.a.tsukuba-tech.ac.jp/ce/xoops/modules/tinyd1/index.php?id=309&tmid=405
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015.10.01
男女共同参画センター横浜でのイベント情報のお知らせをいただきました。
保育・手話通訳または筆記通訳つきだそうです。

関心のある方、参加してみてはいかがでしょうか。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆女性のための社会起業スクール 参加者募集!【保育無料、全日程手話又は筆記通訳付き】

違いを知って、認め合う、場づくり・モノづくり・人づくり。

障害を持っている、外国につながっている、高齢、経済格差。。。などの”違い”。
身近にいて知っている人だけど、その人が本当に求めていることはよく知らないということ、ありませんか?

違いを知って認め合う”、そこから”助け合いやつながりが生まれる”、そんな場づくり・モノづくり・人づくりから社会を変えている講師や現場訪問から、生きた社会起業が学べるスクールです。

想いを形にするためには、自分自身を掘り下げ、事業や資金の計画を練り、想いを人に効果的に伝える技術も必要。その道の専門家である講師らと、仲間となる参加者たちと、講義で・フェイスブックで、つながってあたたかく濃く学べます。

「違い」を持つ本人、違いを持つ人と共生を考える人、ともに学びましょう!

詳細はこちら↓
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-yokohama/topics/3761.php
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015.09.26