上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
すっかり銀杏も色づき、紅葉シーズンです。。
日本でも数少ない「障害と女性」をテーマに取り上げている講座にゲスト参加します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)
県民講座 「障害と女性」
日時:平成28年12月2日12月9日(各金曜日)13時30分から15時30分
場所:埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)セミナー室
※手話通訳・保育あり
 
12月2日(金曜日)トークセッション「聴覚障害女性のエンパワーメント」
聴覚障害当事者のお2人をゲストに、それぞれのお仕事や活動について、またその中での課題やこれからの展望をお話いただきます。
◆DVD「昭和を切り拓いたろう女性からあなたへ」(一部上映)
 「先輩のろう女性はどのように生きてきたのだろう・・?」その問いから始まったろう女性史編さんプロジェクト。
ろう・難聴女性グループとドキュメンタリー作家・今村彩子さんとのコラボ作品。
◆トークゲスト
長野留美子さん  ろう難聴女性グループ Lifestyles of DeafWomen主宰
酒井 久枝さん(社福)埼玉県聴覚障害者福祉会当事者スタッフ
 
12月9日(金曜日)講演「障害のある女性の健康と権利」(リプロダクティブヘルス・ライツ) 
~DVD「忘れてほしゅうない~隠されてきた強制不妊手術~」をみて考える~
DVD「忘れてほしゅうない~隠されてきた強制不妊手術~」(24分)
何も知らされることなく、不妊手術を受けさせられた脳性まひの女性が自分の痛みや辛さを誠実に、
時に明るく語るノンフィクション記録ビデオ。優生思想を問うネットワーク制作・著作。
◆講師 大橋由香子さん(SOSHIREN女(わたし)のからだから/編集者・ライター)
【著書】「からだの気持ちを聞いてみよう」(ユック舎)、「キャリア出産という選択」(双葉社)等多数。
 
埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)HPより引用↓
https://www.pref.saitama.lg.jp/withyou/event/list/281202.html
 
スポンサーサイト
2016.11.14
梅雨が明け、本格的な夏到来です。。☆
猛暑日が続きそうですが、みなさまくれぐれも熱中症にお気を付けください。。

さて、8月に開催される、国立女性教育会館主催の「男女共同参画推進フォーラム」において
特別講演および会館提供ワークショップ「①男女共同参画の視点に立つキャリア開発プログラムを
考える」に手話通訳がつくことになりましたので、ご案内いたします。。

なお、ワークショップでは、講義の後、グループワークを実施するそうですので、
通訳の手配の都合上、聴覚障害者の参加者は同グループでのディスカッションになります。

参加ご希望の方は、8/11(火)までにこちらまでご一報ください。
→Lifestyles of Deaf Women事務局 lifedeafwomen@yahoo.co.jp (迷惑メール防止のため、@を半角にしてご送信ください)
………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
男女共同参画推進フォーラム ~ 一人ひとりの活躍が社会を創る ~
●主催:独立行政法人国立女性教育会館
●会場:国立女性教育会館

第1日 8月20日(木) (受付:12:00~17:00 本館ロビー)

(1)開会 主催者あいさつ(講堂)    13:15 ~ 13:30 

(2)特別講演 「超成熟社会の鍵は“女性”」 13:30 ~ 14:40  ※手話通訳つき  
 保育所待機児童対策をはじめ、女性の活躍支援に精力的に取り組んでいる林市長に、
 女性活躍に掛ける思いと今後の展望についてご講義いただきます。
   講 師  林 文子 横浜市長
 http://www.nwec.jp/jp/program/invite/2015/page04i.html
   
(3)会館提供ワークショップ     
会館による研究・実践の成果報告や、関係機関・団体との共催によるワークショップを実施します。

①男女共同参画の視点に立つキャリア開発プログラムを考える 15:30 ~ 17:30  ※手話通訳つき     
 このワークショップでは、NWECが開発したキャリア開発学習プログラムについて紹介するとともに、この学習を実践していく際にプログラム企画の基礎となるニーズ、課題の把握を研修修了者の報告・参加者のグループワーク等によって行います。地域における男女共同参画の推進と、男女共同参画の視点をもったキャリア開発に向けた学習プログラムの展開について考えます。
 講 師  神田 道子 東洋大学名誉教授、国立女性教育会館客員研究員
      亀田 温子 十文字学園女子大学人間生活学部教授
      松下 光恵 NPO法人男女共同参画フォーラムしずおか代表理事
 報告者  井上 智美 国立女性教育会館学習オーガナイザー養成研修1期生
      国立女性教育会館事業課職員
 ファシリテーター 西山 恵美子 国立女性教育会館客員研究員
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015.07.27
 横浜の子育てグループの取り組みをご紹介します☆

 2012年度に男女共同参画センター横浜との協働事業を実施した際、
横浜市内の参加者の中から、地元の若いろう難聴女性同士の「つながり」が生まれましたが、
このたび新たな取り組みが始まったそうです。。

 各地域でこういうふうにがんばっているママたちの姿は、
私も含めて、他の地域のママたちにとっても励みになると思います。。☆
 お時間のある時にでも、ぜひご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「きこえないママ×まちプロジェクト」 
               松本茉莉さんよりメッセージ 


 2014年9月から、「きこえないママ×まちプロジェクト」というものを立ち上げて活動しています。
きこえないママの声を地域のみなさんに伝えたり、交流できるように月1回のペースで集まり、
何らかのテーマで話しています。
 この活動は、「親子もシニアもいけるカフェ“こまちカフェ”」のバックアップをいただいて
開催していますが、今年の2月、こまちカフェでイベントをした際に、
同時開催で私たちもイベントをしました。
 その時の様子が、日経BPエコマムに掲載されております。↓
http://business.nikkeibp.co.jp/ecomom/report/report_429.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015.05.09
新緑まぶしい季節です。。☆
この時期は一年の中でも過ごしやすくて好きです。。

さて、2012年度に当会が男女共同参画センター横浜と実施した
「市民・NPOがつくる男女共同参画事業」の事例集が公開されました。
関心をお持ちの方はご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011年~2013年度に男女共同参画センター3館が実施してきた
「市民・NPOがつくる男女共同参画事業」事例集 ↓
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-yokohama/topics/3354.php
2015.05.08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。