聴覚障害者対象の大学’筑波技術大学’の研究者による、ろう・難聴女性に関するレポートが公開されています。
関心をお持ちの方、ぜひ一読してみてください!
 
◆筑波技術大学テクノレポート Vol.24 (1) Dec. 2016
 
●ジェンダーの視点による ろう・難聴女子学生へのエンパワメント指導教材の開発研究
小林洋子,大杉 豊 筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター
http://image01.seesaawiki.jp/d/n/deafwomen/2084dbda8a4ebb12.pdf
 
●女性学・ジェンダー論の視点を取り入れたろう者学教材の開発
小林洋子,大杉 豊,管野奈津美 筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター
http://image02.seesaawiki.jp/d/n/deafwomen/9037aeb2d86a98d0.pdf
 

●聴覚障害学生及び大学等を卒業した聴覚障害者のキャリア発達に関する研究
石原保志,大杉 豊 ,小林洋子,管野奈津美  筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター
http://image01.seesaawiki.jp/d/n/deafwomen/22ba5409d4107669.pdf
 
2017.04.27
昨日は、4月の春うらら。。を思わせる陽気から一転、
今日は、冬の天気へ逆戻り・・(-_-;)
皆さん、体調管理にはくれぐれもお気をつけください・・。

さて、中途失聴(片耳難聴)のライター桐田さえさんが書かれた記事をご紹介します。。

◆実は複雑な聴覚障がいの世界を知る入門書 『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』
http://www.rhythmoon.com/column/2017/01/post-1964.html
2017.01.30
冬も終わりを告げ、今週末から桜が開花するそうです。。☆
満開になる日が今から楽しみです。^^

さて、昨秋、ご縁あって参加させていただいた男女共同参画センター横浜での「女性のための社会起業スクール」の様子が、横浜のソーシャルビジネス・社会起業に関する情報サイトに紹介されています。

ソーシャルビジネス支援組織インタビュー vol.4
《男女共同参画センター横浜(フォーラム)吉武恵美子さん、和田とも子さん≫
http://socialport-y.jp/?p=8846

私自身、活動をする中で色々考えることがあり、社会起業を志す方達とのネットワークづくりをしたいと思い、スタッフ何名かと一緒にこのスクールに参加させていただきました。
職員の方が、全講義に手話通訳や保育をつけていただくなどの多大なご配慮をしてくださったおかげで、きこえない私もリアルタイムに授業に参加でき、参加者同士のつながりも作ることができて、とても充実した学びの時間でした。

そこで学んだことからヒントを得て、講師の先生方から貴重なご助言をいただきながら考えたプランを発表しました。
本当に実現できるのか、単に夢物語で終わるのか・・・わかりませんが、
ぜひ、ご協力いただける方いらしたら、お声かけいただけると嬉しいです!
2016.03.16
障がいの有無を越えたコミュニティアート活動などの様々な取り組みをされているミューズ・カンパニーの伊地知さんより、お知らせをいただきました。

車椅子のダンサーを含めたダンス・カンパニーを立ち上げたそうです。
11月7-8日に公演があり、8日のアフタートークには手話通訳がつくそうです。
http://www.musekk.co.jp/

関心のある方、参加してみてはいかがでしょうか。。☆
2015.10.29
男女共同参画センター横浜でのイベント情報のお知らせをいただきました。
保育・手話通訳または筆記通訳つきだそうです。

関心のある方、参加してみてはいかがでしょうか。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆女性のための社会起業スクール 参加者募集!【保育無料、全日程手話又は筆記通訳付き】

違いを知って、認め合う、場づくり・モノづくり・人づくり。

障害を持っている、外国につながっている、高齢、経済格差。。。などの”違い”。
身近にいて知っている人だけど、その人が本当に求めていることはよく知らないということ、ありませんか?

違いを知って認め合う”、そこから”助け合いやつながりが生まれる”、そんな場づくり・モノづくり・人づくりから社会を変えている講師や現場訪問から、生きた社会起業が学べるスクールです。

想いを形にするためには、自分自身を掘り下げ、事業や資金の計画を練り、想いを人に効果的に伝える技術も必要。その道の専門家である講師らと、仲間となる参加者たちと、講義で・フェイスブックで、つながってあたたかく濃く学べます。

「違い」を持つ本人、違いを持つ人と共生を考える人、ともに学びましょう!

詳細はこちら↓
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-yokohama/topics/3761.php
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015.09.26