聴覚障害者対象の大学’筑波技術大学’の研究者による、ろう・難聴女性に関するレポートが公開されています。
関心をお持ちの方、ぜひ一読してみてください!
 
◆筑波技術大学テクノレポート Vol.24 (1) Dec. 2016
 
●ジェンダーの視点による ろう・難聴女子学生へのエンパワメント指導教材の開発研究
小林洋子,大杉 豊 筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター
http://image01.seesaawiki.jp/d/n/deafwomen/2084dbda8a4ebb12.pdf
 
●女性学・ジェンダー論の視点を取り入れたろう者学教材の開発
小林洋子,大杉 豊,管野奈津美 筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター
http://image02.seesaawiki.jp/d/n/deafwomen/9037aeb2d86a98d0.pdf
 

●聴覚障害学生及び大学等を卒業した聴覚障害者のキャリア発達に関する研究
石原保志,大杉 豊 ,小林洋子,管野奈津美  筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター
http://image01.seesaawiki.jp/d/n/deafwomen/22ba5409d4107669.pdf
 
2017.04.27
桜満開2017・・

桜が満開になりました。。☆
あまりの美しさに、しばし見とれてしまいました。。

新しいキモチでスタートを切った方もいらっしゃると思います。
さて、ワタシも頑張らなくっちゃ!
(とはいえ、このとこブログも更新滞っておりますが・・)
2017.04.06
昨日は、4月の春うらら。。を思わせる陽気から一転、
今日は、冬の天気へ逆戻り・・(-_-;)
皆さん、体調管理にはくれぐれもお気をつけください・・。

さて、中途失聴(片耳難聴)のライター桐田さえさんが書かれた記事をご紹介します。。

◆実は複雑な聴覚障がいの世界を知る入門書 『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』
http://www.rhythmoon.com/column/2017/01/post-1964.html
2017.01.30
お正月の空・・

新年明けましておめでとうございます。。☆

今年は 『酉年(とり)』。
大空いっぱいに羽ばたく・・というのは少々無理だけど
子どもたちと元気いっぱいに過ごしてゆきたいと思いマス!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。。

みなさまにとっても幸い多き一年となりますように。。☆
2017.01.05
今年も残りわずかとなり、2016年が過ぎようとしています。

あっという間の1年でしたが、子育てが少しずつラクになってきている感もあります。
来年も、ゆるゆると小さな歩みを進めていければ・・と思います。

みなさまもよいお年をお迎えください。。☆
2016.12.26
早いもので12月も半ばを過ぎ、
クリスマス間近となりました。。☆

今年は、日々の暮らしに追われ、
あっという間に時間が経ってしまったという感じの一年でした・・。

それでも、地域とのイロイロな 『つながり』 もできたし、
少しずつ子育てがラクになってきている感もあるので、
来年も ゆっくりと自分のペースで 歩みを進めていこうと思いマス。。



2016.12.13
すっかり銀杏も色づき、紅葉シーズンです。。
日本でも数少ない「障害と女性」をテーマに取り上げている講座にゲスト参加します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)
県民講座 「障害と女性」
日時:平成28年12月2日12月9日(各金曜日)13時30分から15時30分
場所:埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)セミナー室
※手話通訳・保育あり
 
12月2日(金曜日)トークセッション「聴覚障害女性のエンパワーメント」
聴覚障害当事者のお2人をゲストに、それぞれのお仕事や活動について、またその中での課題やこれからの展望をお話いただきます。
◆DVD「昭和を切り拓いたろう女性からあなたへ」(一部上映)
 「先輩のろう女性はどのように生きてきたのだろう・・?」その問いから始まったろう女性史編さんプロジェクト。
ろう・難聴女性グループとドキュメンタリー作家・今村彩子さんとのコラボ作品。
◆トークゲスト
長野留美子さん  ろう難聴女性グループ Lifestyles of DeafWomen主宰
酒井 久枝さん(社福)埼玉県聴覚障害者福祉会当事者スタッフ
 
12月9日(金曜日)講演「障害のある女性の健康と権利」(リプロダクティブヘルス・ライツ) 
~DVD「忘れてほしゅうない~隠されてきた強制不妊手術~」をみて考える~
DVD「忘れてほしゅうない~隠されてきた強制不妊手術~」(24分)
何も知らされることなく、不妊手術を受けさせられた脳性まひの女性が自分の痛みや辛さを誠実に、
時に明るく語るノンフィクション記録ビデオ。優生思想を問うネットワーク制作・著作。
◆講師 大橋由香子さん(SOSHIREN女(わたし)のからだから/編集者・ライター)
【著書】「からだの気持ちを聞いてみよう」(ユック舎)、「キャリア出産という選択」(双葉社)等多数。
 
埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)HPより引用↓
https://www.pref.saitama.lg.jp/withyou/event/list/281202.html
 
2016.11.14
秋と言えば。。。
「食欲の秋」 「スポーツの秋」 「読書の秋」 。。

ついこの間まで雨続きだったのが、ようやく秋晴れの日が増えてきてほっ♪

それでも、日々の生活に追われて、ブログ更新する暇もなく (-_-;)
中々自分の時間がとれない日が続くけれど・・・・
あと数年したら、子育ても少し落ち着くかなぁ。。

イロイロと考えるコト、やりたいコトはあるけれど
今は今しかできないコト、子どもたちとの時間を大切にしようと思いマス。。。

もうすぐ紅葉も色づきます。。☆ 
さて、どこへ行こうかな。。。
2016.10.26
練馬区で開催されるイベントのお知らせです。
当日は、会場に一日手話通訳がつきます!
ぜひ、お誘いあわせの上、いらしてください☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆元気でやさしいまちづくり地域活動見本市 in街かどケアカフェこぶし

日時:平成28年9月11日(日)午前10時から午後4時00分まで(※手話通訳あり)
※パネル展示期間:9月9日(金)~9月11日(日)

会場:街かどケアカフ ェこぶし(所在地:谷原出張所内)
   西武池袋線練馬高野台駅北口から徒歩1分
 http://www.city.nerima.tokyo.jp/shisetsu/shuccho/shucchojo/yahara.html

内容:地域活動の紹介&交流
(1)パネル展示
(2)デモンストレーション

・練馬区サイト(谷原ビックバン)

http://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/koho/nerimabigban/2712yaharabigbang.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2016.08.26
練馬区の育児サークルのイベントのお知らせです。。☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手輪るサロン ~ 手話る子育て交流会 ~

~子どもとの遊びが変わる!子どもの成長に役立つ!~

子どもの頭と心と体を育む「おもちゃ」と「あそび」の講座

◆日時:平成28年9月11日(日)

①0歳児~2歳児(20組)9:45~10:30
②3歳児~小学校低学年(20組)10 : 45~11:30

※当日は10分前より受付開始します。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

◆場所:光が丘区民センター 5階 集会室
〒179-0072 練馬区光が丘2丁目9番6号

◆内容:
・おもちゃやあそびは子どものどんな力を育てるのか
・子どもの成長に合わせたあそびの紹介
・子どもの発達を促すおもちゃの選び方
・一緒に作ろう!子どもを笑顔にする手作りおもちゃ
※手話通訳あり

◆参加費:
1組 1,000円
※2歳を超える兄弟姉妹1名につき、追加料金500円

◆講師:堀江 愛子
 NPO法人日本グットトイ委員会 おもちゃコンサルタントマスター

◆申し込み先: 手輪るサロン
shuwarusalon@yahoo.co.jp

①保護者のお名前、②参加されるお子様のお名前、③お子様の月 齢または年齢、④緊急連絡先
をお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2016.08.17
例年の高等教育支援シンポジウム、今年はつくばで開催されます。

私は、2日目企画のお手伝いで参加します。
参加される方、現地でお会いしましょう。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第12回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム

1. 日時および会場
2016年9月8日木曜日 13時~17時
筑波技術大学天久保キャンパス(茨城県つくば市天久保4-3-15)
2016年9月9日金曜日 10時~15時
ノバホール/つくばイノベーションプラザ(茨城県つくば市吾妻1丁目10-1)

2. 目的
筑波技術大学に事務局を置く日本聴覚障害学生高等ネットワーク(PEPNet-Japan)では、平成16年から、特に聴覚障害学生への支援体制が充実し、積極的な取り組みを行ってきている大学・機関と合同で、聴覚障害学生支援に関するノウハウを積み重ね、先駆的な事例の開拓を行ってきた。一方、我が国では平成28年4月から障害者差別解消法が施行され、障害者への不当な差別的取り扱いは禁止、高等教育機関においても、国立大学では合理的配慮の提供が法的義務、私立大学で努力義務となった。
本シンポジウムでは、そのような情勢を鑑み、「障害者差別解消法元年を迎えて」を全体テーマに据え、全国の大学における聴覚障害学生への支援実践に関する情報を交換するとともに、PEPNet-Japanの活動成果をより多くの大学、機関に対して発信することで、今後の高等教育機関における聴覚障害学生支援体制発展に寄与することを目的とする。

3. 対象
大学、その他高等教育機関に所属する教職員
大学等に在籍する聴覚障害学生
大学等に在籍する聴覚障害学生を支援する情報保障者
その他高等教育機関における聴覚障害学生支援に関心のある方々

4.参加費  無料
 詳細はこちら→http://www.a.tsukuba-tech.ac.jp/ce/xoops/modules/tinyd1/index.php?id=325&tmid=420

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2016.08.09
このところ、子育てや仕事に加え、いつかは直面するであろう親の介護の事が気になって
いたので、地域で開催された「認知症」に関する勉強会に参加してきました。
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/koho/nerimabigban/hikarigaokabigbang.html

そこの講師に紹介された作者不詳(読み人知らず)の詩。
元の歌詞はポルトガル語で書かれたようですが、
年老いた親の自分の子供へ向けたメッセージが歌われており、
国籍や世代を超えて胸にくるものがあります。

この詩を読んだことで、夫の親にしろ自分の親にしろ、
育ててくれた親の最期に付き添う覚悟を決められたような気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手紙 ~親愛なる子供たちへ~

【作詞】不詳 【訳詞】角 智織 【日本語補詞】樋口 了一 【作曲】樋口 了一

年老いた私が ある日 今までの私と 違っていたとしても
どうかそのままの 私のことを 理解して欲しい
私が服の上に 食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを 教えたように 見守って欲しい

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も 繰り返しても
その結末を どうかさえぎらずに うなずいて欲しい
あなたにせかまれて 繰り返し読んだ絵本の あたたかな結末は
いつも同じでも 私の心を 平和にしてくれた

悲しいことではないんだ 消えて去って行くように 見える私の心へと
励ましの まなざしを 向けてほしい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのを いやがることきには 思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
いやがるあなたと お風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込むことさえ 出来なくなるかも知れない
足も衰えて 立ち上がる事すら 出来なくなったなら
あなたが か弱い足で 立ち上がろうと 私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの 手を握らせて欲しい

私の姿を見て 悲しんだり 自分が無力だと 思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力が ないのを知るのは つらい事だけど
私を理解して支えてくれる心だけを 持っていて欲しい

きっとそれだけで それだけで 私には勇気が わいてくるのです
あなたの人生の始まりに 私がしっかりと 付き添ったように
私の人生の終わりに 少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで 私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変らぬ愛を 持って笑顔で答えたい

私の子供たちへ
愛する子供たちへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2016.08.08
このところ、なんだかぐずついた天気が続き、
「いつ梅雨明けするのかしら・・・」と、空を見上げる日々でしたが、
ようやく梅雨明け宣言が出されました!

いよいよ本格的な夏到来です。。☆

最近、忙しい日々の合間をぬいながら地域活動に参加しています。
正直自分に何ができるかわからないけれど、
いただいたご縁を大切にしながら、一歩一歩あるいてゆこうと思います。。


2016.07.28
東京も梅雨入りしました。。

この時期は、雨の日の子どもたちの送迎がタイヘンではあるけれど、
葉っぱのかげにかたつむりやナメクジが潜んでるのを発見したり
雨に濡れた紫陽花がひときわ存在感を放つ姿に見惚れたり

こんなカタチの寄り道もなかなかいいもんです。。





2016.06.13
GWも終わり、過ごしやすいシーズンになりました。。

熊本では大変なことになっています・・。
このところ日本のあちこちで地震災害がおきているのが気がかりですが、
夏にはオリンピックが始まるので、
日本全体に明るいムードをもたらしてくれることを期待したいものです。

2016.05.13